MENU

高齢出産のリスクを減らしたいなら

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

高齢出産はリスクが高い!というイメージがありますよね。
確かに20代より30代、40代とリスクは高くなります。

 

どんなリスクがあるのかというと以下のとおり。

 

 

流産

20代の流産の確率は15%ほどですが、35歳を過ぎると20%になると言われています。

 

妊娠初期の過ごし方はとても大切です。
安定期に入るまではムリをしないようにしましょう。

 

 

ダウン症や先天異常

高齢出産ではダウン症や先天性異常の確率が高くなると言われています。

 

数字的にはダウン症は20代が0.1%に対して30代が0.3%、40代になると1%まで上がります。

 

先天性異常は20代で1.88%、30代で2.02%、40代で2.38%となっていきます。

 

原因は卵子の老化にあると言われています。
解決策はありません。
出生前診断を受けたり、葉酸を摂取して少しでも確率を減らすのがあなたにできることです。。

 

 

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群にもなりやすいです。
20代の1.8倍かかりやすいと言われています。

 

対策としては定期的に診察を受けて早期発見をする。
食事栄養指導を受けて食生活に気をつけることでしょう。

 

 

 

上記のように20代で出産するよりリスクは高まります。
しかし、NG行動に気をつけたり、きちんとした食事、生活をしていればリスクは減らせます。

 

お医者さんも、そのことはわかっているので不安があればしっかり相談して行きましょう。

 

高齢出産にはデメリットだけではなく、メリットもたくさんあります。
なにより子供を授かるというのは奇跡です。

 

そして、その奇跡の子と過ごす時間はあなたの宝ものになるでしょう。

 

 

 

妊娠中のNG行動

妊娠中にやってはダメな行動をお伝えします。

 

なかなかやめられない・・・というものもあるかもしれませんが、赤ちゃんのためです。
この際すっぱりやめる努力をしましょう。

 

もしやめられないなら、その行動をしている時に、赤ちゃんにダメージを与えていることを想像してみてください。

 

タバコ

タバコは絶対にダメです。
今まで喫煙していた方は妊娠をきっかけにきっぱりやめましょう。

 

タバコに含まれるニコチンは、流産や早産を引き起こします

 

また、低体重児や知能の遅れ、早期破水の可能性も高くなるので絶対にやめてくださいね。

 

副流煙も害になるので旦那さんにも禁煙してもらいましょう。

 

 

お酒

絶対にダメというわけではありませんが、毎日飲むのはやめましょう。
お酒を飲むと血中にアルコールが巡ります。

 

そのアルコールが胎盤を通して赤ちゃんに送られることになり、脳や体の発達に影響が出るかもしれません。

 

たまに一杯程度なら問題ないと言われていますが、大事を取るなら妊娠中は禁酒しましょう。

 

 

薬も胎盤を通して赤ちゃんに送られる可能性が高いです。

 

病気になった時は自己判断で市販薬を買うのはやめて、かかりつけの産婦人科で相談しましょう。

 

 

カフェイン

コーヒーや紅茶なども飲み過ぎには気をつけましょう。
1日2杯位は大丈夫と言われています。

 

しかし、やはりカフェインを採らない事に越したことはないでしょう。

 

コーヒー好きのひとはノンカフェインのコーヒーを飲むなどの工夫をしましょう。

 

 

運動や旅行は控えて

 

妊娠初期は流産しやすいので、激しい運動や旅行は避けましょう。
安定期に入る16週目以降までは、家事なども無理せずにとにかく安静にしましょう。

 

安定期に入ったからといって安心せず、旅行などは先生と相談しましょう。

 

 

食べ物

食事に関してはそこまで気にする必要はありませんが、食中毒などに感染する可能性のある生物や、水銀が含まれている可能性のあるお刺身などは控えておくほうがいいでしょう。

 

なるべく生物は火を通して食べましょう。

 

マグロ類はメチル水銀が赤ちゃんに届く可能性があるので控えたほうが良いでしょう。

 

 

 

妊娠したらやること

 

妊娠したかな?と思ったらすぐに産婦人科を受診しましょう。

 

そこで「妊娠!」ということになれば、その後の手続のことを案内されるでしょう。

 

母子手帳のことや給付金のことを教えてもらえるので、詳しく調べておく必要はないでしょう。

 

 

妊娠したら赤ちゃんのためにも、摂取したほうがいい栄養素があります。

 

 

妊娠中に摂取したい栄養素

 

妊娠中に摂取したい栄養素は以下の4つ。

 

 

葉酸

 

厚生労働省も摂取することを推奨しているのが葉酸。

 

葉酸が不足すると先天性異常の確率が上がるとも言われています。

 

食品ではほうれん草やブロッコリー、レタス、枝豆などに豊富に含まれています。

 

ただ、熱に弱く1日に400ugを摂取するように言われているのでサプリメントから摂取するのがおすすめです。

 

 

 

タンパク質

 

赤ちゃんの血液や筋肉を作るために必要な栄養素です。

 

タンパク質が多く含まれる食品は以下のとおり

 

牛肉、豚肉、鶏肉、牛・豚・鶏のレバー、卵、たら、かつお、いわし、さんま、さけ、牛乳、豆腐

 

卵は生ではなく火を通しましょう。

 

 

鉄分

鉄分は体全体に酸素を送る働きをします。

 

妊娠中は赤ちゃんの成長に鉄分が使われるので、ママは鉄分不足で貧血を起こしやすくなります。

 

鉄分を含む食品は意識しないと食べないと思うので覚えておきましょう。

 

 

牛赤身肉、牛・豚・鶏のレバー、かつお、さんま、いわし、あさり、かき(貝)、煮干し、小松菜、ほうれん草、ひじき、大豆

 

 

カルシウム

 

赤ちゃんの骨や歯を形成するのがカルシウム。

 

鉄分と同じように意識しないと不足しがちな栄養素です。

 

 

牛乳、チー、ヨーグルト、ちりめんじゃこ、ししゃも、ごま、大豆、豆腐、納豆、ひじき、わかめ、小松菜

 

 

 

まとめ

 

妊娠したからにはあなた一人の体ではありません。
赤ちゃんのためにも、やめるべきことはすっぱりやめましょう。

 

食事にも気を配り、赤ちゃんの成長を助けてあげましょうね。

 

とはいえ、神経質になる必要はありません。
ストレスも赤ちゃんにとって悪影響になるので、できる範囲で妊娠期間を楽しみながら過ごしましょう。

 

 

妊娠中に摂取したい栄養素は食品だけではなかなか摂取は難しいものです。

 

葉酸サプリは多くでていますが、鉄分やカルシウム等も入っているサプリのほうが良いでしょう。

 

さらに、妊娠・出産したってキレイでいたいですよね。

 

だから、美容成分も入ったサプリはうれしいですよね。

 

 

→ママに必要な栄養素を必要な分だけ配合した人気のサプリはこちら

 

 

 

 

 

 


おすすめの葉酸サプリ3選

 

ベルタ葉酸サプリ

とっても人気の葉酸サプリで、妊活雑誌や赤ちゃん雑誌でも多く紹介されています。
ランキングサイトでも堂々1位を獲得しているようで、知らない人のほうが少ないかもしれません。

 

葉酸だけじゃなく、妊娠中に不足されがちな鉄部やカルシウムもしっかり入っています。

 

他にも美容成分たっぷりで女性のことをわかっているな!と感じました。
だって、子供が産まれてもキレイな女でありたいですからね!

 

ベルタ葉酸サプリに配合されている葉酸は「天然型酵母葉酸」というもの。
酵母用さんとは合成葉酸だったものを酵母で醗酵培養させてさらに栄養価の高い原料を配合したもの。

 

厚生労働省が推奨している合成葉酸よりも栄養価が高いんですよ。

 

放射能検査もしっかりやっているので安心ですね。

 

価格は定期便で3,980円。通常価格は5,980円とちょっとお高いです。

 

でも、赤ちゃんのためには値段じゃなくて良い物を飲みたいですよね。
それに、ずっと飲み続けるものじゃなくて妊娠期間中だけって考えるとやっぱりいいものをとりたいですよね。

 

→ベルタ葉酸サプリの詳細、購入はこちら

 

 

 

AFC葉酸サプリ

100人の女性の声から産まれた葉酸サプリということで、

 

1ヶ月分が1,800円と安いのが魅力的ですよね。
ただ、食品添加物が入っているのが残念。
一応安全なモノとのことですが、赤ちゃんのことを考えると、無添加を選びたいですよね。

 

実は安さに惹かれて浮気したことがあります
だけど、添加物が気になってベルタに戻しました。

 

でも、厚生労働省から安全が確認された食品添加物なので、気にならない方はAFCもおすすめです。

 

 

→AFC葉酸サプリの詳細はこちら

 

 

 

ピジョン葉酸サプリ

赤ちゃんメーカーで知らない人はいないほど有名なピジョン。
このピジョンからも葉酸サプリがでています。

 

ビタミンCが入っていないので、葉酸や鉄を効率よく吸収して働かせるためには食事からビタミンCを摂取する必要があります。

 

価格は1,480円と上の2つよりもさらに安くなっていますが、カルシウムは155mgとベルタの232mg、AFCの200mgよりも少ないです。

 

葉酸と鉄分、カルシウムなど必要最低限の栄養素が入っているので、価格も妥当なものです。

 

葉酸だけを摂取したいならピジョンで良いかもしれません。
私は産後もキレイでいたいし、他の栄養素も1つのサプリで摂取したいという欲張りさんなのでやはりベルタをおすすめしちゃいます!

 

 

→ピジョンの葉酸カルシウムプラスの詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

元気な赤ちゃんを生むための葉酸サプリ選び