MENU

30歳からはじめる妊活の準備

「20代で出産しないと後悔する!」
「出産や育児は体力勝負だから若い方がいい!」

 

こういうことってよく言われますよね。

 

 

こんな言葉を聞くと

 

「30歳を過ぎて妊活するのでは手遅れ何じゃないだろうか?」
「特別なことをやらないといけないんじゃないか?」

 

と不安に駆られてしまいますよね。

 

確かに、年齢が上がるにつれて妊活は不利になっていきます。

 

でも、安心してください。

 

30歳を過ぎていたって、きっと元気な赤ちゃんを授かることが出来ます。
そのためにも、しっかりと妊活の準備をしましょう。

 

今回は、安心して妊活を始められるように、「体」のこと、「仕事」のこと、「お金」のことについてまとめました。

 

 

自分の身体を知り、妊娠しやすい身体作りをする

生命保険文化センターによれば、近年では

 

「学業に励みたい」
「仕事に打ち込みたい」
「時期が早いと思う」

 

等の理由で晩婚化が進んでいると言われています。

 

それに伴い、女性が初めて出産する年齢も高くなっていると言われています。

 

 

では、何歳くらいまで女性は妊娠できるのでしょう?

 

妊娠しやすい体はどんなもので、妊娠前に必要な準備はどういうものでしょうか?

 

いろいろ疑問がありますよね。

 

 

こんな疑問を解決する糸口になりそうな、身体に関する妊活のポイントを挙げてみましょう。

 

 

卵子も年を取る

女性の体の中には「卵子」に成長する細胞が眠っています。

 

そして毎月、女性ホルモンの影響を受けて成長した1個が卵巣から排卵します。

 

この卵子に成長する細胞の数は決まっていて、年を取るにつれて成熟しにくくなります。

 

女性が年齢を重ねるごとにお肌の悩みが増えるように、体の中の細胞も年々トラブルが増えてくるんですね。

 

月経がある間はいつでも妊娠できる訳ではなく、年齢が上がると卵子の質が悪くなるため妊娠しにくくなるんですね。

 

 

自然妊娠の確率はどんどん下がっていく

自然妊娠する確率は、年を重ねるごとに減っていきます。

 

そして40歳を過ぎると急激に自然妊娠の確率が下がり、流産する確率が高くなっていきます。

 

それを聞くと、ちょっと焦りを感じる人も出てくるのではないでしょうか。

 

年齢を重ねるにつれて、色々と対策も必要になっていきます。

 

→高齢出産で自然妊娠できる確率は?

 

 

月経周期を把握しよう

女性の場合、大体28〜30日くらいの周期で月経が来ます。

 

月経の周期が解れば排卵日が大体予測できます。

 

そうすればタイミングを測って自然妊娠を試みることができますよね。

 

ですから、自分の月経開始日をチェックするところから始めてみましょう。

 

なお、婦人体温計を使って基礎体温をチェックできると、より正確に排卵日が予測できるようになります。

 

今はパソコンと連動させて基礎体温を記録し、グラフを作ったりできる高機能なものもありますよ。

 

まずは自分の生理周期を調べよう!妊活の始め方

 

規則正しい生活が大切

・仕事が忙しい。
・食事の時刻が不規則で栄養のバランスが悪い。
・連続した睡眠時間を確保できない。
・対人関係の悩みなどが多い。

こうした不規則な生活や強いストレスは、ホルモンバランスが崩れる原因になると言われています。

 

ホルモンバランスが崩れると、2種類の女性ホルモンの増減で決まる月経周期が乱れてしまいます。

 

周期が乱れると排卵日も予測できなくなりますよね。

 

ストレスを完全になくすことは難しいですが、ホルモンの分泌を命令する脳が休まるような休息時間を取ることや、ストレス発散に気を配ってみてください。

 

 

飲酒、喫煙習慣を見直す

妊娠中の飲酒や喫煙は、胎児の発育に悪影響を与えることが解っています。

 

しかし、飲酒や喫煙は妊活にも影響してくるのです。

 

お酒が好きな人、愛煙家は妊活中から習慣を見直してみてください。

 

女性だけでなく、男性の妊活にも禁煙・禁酒は大切です。

 

お酒を飲むと妊娠しにくいって本当?妊活とアルコールの真実

 

男性もNG!妊活がうまくいかないのはタバコのせいかも

 

予防接種履歴を確認しよう

妊婦が感染すると胎児に悪影響を及ぼす病気はいろいろあります。

 

全ての病気に絶対に感染しないパーフェクトな方法というのはありません。

 

しかし予防接種は病気の感染や重症化のリスクを回避できる方法です。

 

「おたふく風邪」や「風疹」などは、妊婦が感染すると胎児に悪影響が出ると有名ですよね。

 

これらは予防接種があるので、もし、受けたことがない人や予防接種の効果が弱まっている人は接種しておくといいですよ。

 

 

ブライダルチェックもお勧め!

妊活が有名になってから一般的になってきたかもしれませんが、「ブライダルチェック」というものがあります。

 

これは結婚前などに産婦人科で受ける「婦人科検診&性病の検査」です。

 

卵巣や子宮の状態、性病に感染していないかどうか、風疹や肝炎などのリスクについても調べてもらえます。

 

普通に産婦人科に「ブライダルチェックを受けたい」と問い合わせれば、内容や料金を教えてもらえます。

 

検査項目によりますが、費用は2〜5万円と言われています。

 

万が一、体にトラブルがあったとしても妊娠前なので胎児に対する影響などを心配することなく治療に専念できるので安心ですよ。

 

 

歯の治療

妊娠とは関係がないように思うかも知れませんが、歯の治療は妊娠前に済ませておきましょう。

 

歯の治療には「麻酔」や「薬の服用」が必要になります。

 

妊娠中は麻酔や薬の服用が難しくなりますから、虫歯や親知らずなどのトラブルは早めに解決しておきましょう。

 

 

仕事の仕方を考えよう

働いている女性が妊活する場合、仕事の仕方も見直す必要があります。

 

妊娠した場合、次のようなことが考えられます。

・つわりが辛くて出社できない
・腰痛や貧血などで思うように動けなくなる
・お腹が大きくなってくると、できないことが増えてくる
・突然のトラブルで入院することもある
・産前休暇、産後休暇、育児休業など、ある一定期間は休むことになる

このため「効率よく仕事を仕上げる」「急な休みでも同僚が困らないように配慮する」「引き継ぎ書類を作る」といった工夫が必要になってきます。

 

まず、自分の仕事の内容を把握したり、短時間で仕上げる工夫を考えたり、人に仕事内容を伝えることから意識してみましょう。

 

この工夫は育休から復帰した後も重要になります。(子供の突発的な発熱や、保育園のイベント参加などで休むことが増えるため)

 

仕事を続けていくことを見据え、できる工夫を考えてみてください。

 

 

お金のことを考えよう

妊娠・出産にはとてもお金がかかります。

 

妊娠中に入院が必要になったり、帝王切開になると病院や状況によっては出産費用が高くなる場合があります。

 

妊娠中は何が起こるか分からないので、妊娠中・出産時はまとまった額のお金が必要です。

 

もらえるお金もあるので、知らないと損をしてしまいます。

 

妊活中に、お金対策をしっかり考えておきましょう。

出産育児一時金を把握しておこう

これは健康保険に加入している人が出産するときにもらえるお金です。

 

およそ42万円受け取ることができます。

 

出産する産婦人科によりますが、出産費用がこれで全てまかなえる人もいれば、全然足りない人もいます。

 

産婦人科は公立病院、大学病院、個人病院などいろいろな規模・経営状態の所があり、診察料などもまちまちです。

 

どこで出産するか決めるのに、出産育児一時金の額を目安にする人もいますよ。

 

ぜひ妊活中に調べてみてください。

 

 

民間の保険に入ることを検討

みなさんは民間の保険に加入しているでしょうか?

 

妊娠中の入院や帝王切開手術費に対し、保険金がおりる保険があります。

 

会社によって、妊娠前でなければ加入できなかったり、加入後、一定期間経たないと保険金をもらえないケースもあります。

 

私は帝王切開で出産し、70万円以上の出産費用が必要でしたが、保険に加入していたお陰で帝王切開の手術費、入院費がもらえて本当に助かりました。

 

妊活中に、複数の保険会社のプランに目を通すのをお勧めします。

 

 

高額療養費制度を調べておこう

高額療養費制度は一定以上の金額の医療費を負担した時、申請すれば一部のお金が戻ってくる制度です。

 

収入額によってひと月あたりの自己負担額の上限が異なるので、自分が加入している公的医療保険に問い合わせておくといいですよ。

 

妊娠中に切迫流産になれば1か月以上の入院もあり得ますし、多胎妊娠の場合は出産前の数か月間「管理入院」が必要なことも!

 

また、全く問題無く妊娠期間が過ぎても、最後の最後で帝王切開というケースもありえます。

 

万が一のためにも、高額療養費制度はチェックしておいてください。

 

妊娠・出産にまつわるお金について

 

まとめ

年齢が上がるにつれて、妊娠する確率や流産の確率などが変わり、妊娠しにくくなることが分かっています。

 

33歳を過ぎてからの妊活では、自分の身体のことを知り、妊娠しやすい身体へ整えていかなければいけません。

 

そして仕事をしている女性は、妊娠・出産・育児とライフステージが変わっていくと仕事の仕方も変わってきます。

 

周りの人への配慮を忘れずに、より効率よく仕事がこなせる工夫を身につけると、妊娠後のトラブルが減らせるでしょう。

 

 

もうひとつ、お金のことも大切です。

 

出産は非常にお金がかかるものです。

 

もらえるお金もあれば、出て行くお金もあります。

 

そして「どう備えるか」も大切です。

 

妊活・妊娠・出産と、生活はガラッと変わっていきます。

 

それらにどう対応するか、考えながら妊活していきましょうね。

 

 

30歳から始める妊活準備!妊娠しやすい体づくりから始めよう記事一覧

「産科」「婦人科」「産婦人科」それぞれがどんな科なのかご存知ですか?そして、妊活の相談先はどこがベストか分かりますか?分かっていそうで意外に知らない妊活の相談先や、相談に行くタイミングなどについてお話します。妊活相談は産婦人科で良いの?病院の選び方女性の性に関する医療機関といえば「産科」「婦人科」「産婦人科」があります。それぞれの特徴をみてみましょう。産科妊娠検査や妊婦健診、妊婦の病気、出産など、...

妊活中の皆さんは「自分が妊娠しやすい日がいつか」ご存知でしょうか?「妊娠しやすい日=排卵日」は、生理周期から計算することができます。どうすれば自分の生理周期を正しく把握し、妊娠しやすい日を知ることができるのか。その方法をご紹介します。生理周期の数え方と排卵日の計算方法排卵日を知るために、まず自分の生理周期を知りましょう。生理周期の数え方生理周期の数え方は、生理が始まった日を1日目として数え、次の生...

生理周期が乱れている人は妊娠しにくいと言われているのをご存知ですか?生理周期が乱れていると排卵日が予測しずらく、タイミングを図れません。つまり、生理周期を整えて正確に排卵日を予測し、パートナーと関係を持つタイミングを知ることが妊活には欠かせないのです。妊活の敵とも言える生理周期の乱れの原因や整え方を考えてみましょう!生理周期が乱れるとなぜ妊娠しにくいの?「生理周期が乱れると妊娠しにくい」には、いく...

「パートナーと関係をもてば、いつでも妊娠できる。」そんな誤った考え方をしていませんか?女性が妊娠できる時期は非常に限定的で、年齢が上がれば上がるほど、妊娠する確率はどんどん下がってしまいます。そこで、妊娠率を上げるには”排卵日の把握”がカギとなります。排卵日を知るための方法である「基礎体温」は、妊活の基本!今回は、そんな基礎体温についてまとめました。そもそも基礎体温とは?基礎体温とは、身体が一番安...

正常な生理周期は、基礎体温をブラフにすると低温期と高温期で綺麗な二層になっています。低温期と高温期では0.3〜0.5℃、体温差があると良いと言われています。しかし、何らかの理由で基礎体温の変動が不安定だったり、低温期と高温期の境目がハッキリしなかったりとガタガタしたグラフになると、排卵日の予測が難しくなります。 排卵が起こっていなかったり、子宮や卵巣の病気の可能性もある為、ガタガタになる原因を探る...

妊活中でも仕事や友人との付き合いは断れませんよね。ついつい楽しく飲んでしまったり、やりきれなくてヤケ酒を飲むこともあるでしょう。でも、その翌日は基礎体温がびっくりすることに!お酒を飲んだ翌日は基礎体温が上がることも多く、そもそも二日酔いでは基礎地温が正確に測れないのです。ここでは、お酒と基礎体温の関係についてお話します。飲酒した次の日は基礎体温が上がるのはなぜ? お酒を飲む時、大体なにかおつまみを...

基礎体温は体を動かす前に測定します。ですが、トイレに行ったり、二度寝したり、寝返りや伸びなど、体を動かしてしまうことはよくあります。どの程度なら動いても良いのか疑問ですよね。そんな、「これって良いの?」と思う基礎体温の測り方についてお話します。トイレに行くと基礎体温は下がる?朝、目が覚めてトイレに行きたくて堪らない時もありますし、寝ぼけていて基礎体温を測る前にトイレにいってしまった、ということもあ...

真夏になればダラダラ汗をかくほど暑くなりますし、真冬になれば手先や足先が凍えるくらい寒く感じることもあります。「外気温が基礎体温を変化させてしまうのでは?!」そんな不安を抱く人もいますね。ここでは、夏や冬といった外気温の変化は、基礎体温に影響するのかをまとめました。基礎体温は外気温に影響を受けるのか?人は恒温動物といって、体温を一定に保つ能力を持つ動物です。外気温の変化に影響されにくい体になってい...

体温を測るといえば、脇の下ですよね。では、基礎体温を測るのはどこか知っていますか?実は、基礎体温は口で、正確には舌の下で測定します。しかも、コツが必要なのです。間違った方法では正しい結果が得られず、妊活に活用できなくなってしまいます。ここでは、基礎体温の正しい測り方をご紹介します。なぜ基礎体温の測定は口が良いの?脇の下は汗腺が多くて汗をかいたり、体毛があって体温計の温度測定部分が体にしっかりフィッ...

冷え症の体は妊娠しにくいと言われているのをご存知ですか?冷え症の女性は多いですよね。冷え症の場合は、まず、冷え症を改善してから妊活するようにしましょう。今回は冷え症が妊活に及ぼす影響と対策をご紹介します。冷え症の原因は?冷え症というと冬に手足が冷たくなることを想像するかもしれません。ですが、夏でも冷えを感じる状態があるのです。冷え症の大きな原因は、血行不良です。血液は身体に熱を運ぶ役割もある為、血...

最近日本では晩婚化が進んでいると言われています。それに比例するように高齢で出産する女性や、不妊治療を始める夫婦も増えているようですね。とくに不妊治療に踏み出す夫婦の数は増えていて、昔に比べかなり一般的になりました。ただ、心配なのが不妊治療はどんなことをするのか、どのくらいの費用がかかるのかということ。イメージ的に女性の体への負担が大きく、高額といった感じですが実際はどのような治療を行うのでしょうか...

「一人目は問題なく妊娠できたのに、二人目ができなくなった…」こんな“二人目不妊”に悩むママさんが増えています。一人目が何の問題もなく生まれれば、二人目も当然、夫婦生活を営むうちに自然にできると思ってしまいますよね。今回は、最近増えてきた二人目不妊について、その原因と対策、治療方法などについてご説明します。妊活に励む方、二人目妊娠に不安のある方はぜひ参考にしてくださいね。二人目不妊とは?どの位の割合...

妊活中の方は、「子宮卵管造影検査」という言葉を聞いたことがあると思います。不妊の原因を調べる検査の一つですが、この検査を受けると妊娠がしやすくなるという嬉しいメリットもあるようなのです。今回は、子宮卵管造影検査について、検査方法や検査を受ける適切な時期、または費用などについて詳しくご説明します。不妊で悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さいね。子宮卵管造影検査とは子宮卵管造影検査とは、子宮に造影剤を注...

妊娠中に摂った方が良いと言われている葉酸ですが、実はいちばん積極的に摂取した方がいい時期は、妊活中から妊娠初期の間と言われています。特に妊娠を望む女性には葉酸は積極的に勧められているのですが、どういった作用があるのでしょうか。葉酸で、妊娠力をアップ!妊活中の葉酸の摂取は、着床と受精卵の成長に効果的です。妊娠とは、精子と卵子が結びついて受精卵が出来上がるだけでは成立しません。受精卵が子宮の中、つまり...

シャタバリという植物の名前を聞いたことはありますか?シャタバリとは、「100人の夫を持つ」とも呼ばれるインド原産のハーブで、インド伝統医学「アーユルヴェーダ」では欠かせないハーブの1つです。シャタバリの根を乾燥させたものを、粉末にしたりお茶にしたりします。古くから元気を取り戻す若返りのハーブとして親しまれ、年齢を問わず女性にとって重要な効力を持ちます。シャタバリの女性に関する主な7つの効果1.女性...

年齢を重ねると卵子が老化し、妊娠しにくくなるのは有名ですね。では、卵子の老化の原因が分かり、晩婚でも妊娠率を上げられると言ったらどうでしょう!実は、卵子老化の原因にミトコンドリアが関係していると言われ、注目されています。このミトコンドリアがどういうもので、どうすれば妊娠率アップに繋がるのでしょうか?ミトコンドリアとは?ミトコンドリアという言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。学校の生物の時間に...

妊娠中の飲酒は、胎児に影響があるので控える方が大半だと思います。では「妊娠するまでならお酒を飲んでも大丈夫なのか?」という疑問があると思います。「妊活中も、お酒は控えた方が良い。」というのが答えです。では、なぜ飲まない方がいいのでしょうか?その理由をお話しますね。ホルモンバランスを崩す可能性がある肝臓と女性ホルモンは、深い関係があります。肝臓で女性ホルモンの1つであるエストロゲンが分解されています...

妊活中の低体温は大敵です。体温が上がることは体内が温まるということなので、内臓の動きが活発になります。内臓の動きが良くなると卵巣や子宮も元気になり、排卵や生理の周期も安定し元気な卵子が作られます。子宮が健康だと子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しやすくなります。良いこと尽くめですね!体を温める食べ物は、根菜、色の濃い野菜など沢山ありますが、ピリッと辛いものを食べていて体が熱くなり、汗をかいた経験はあ...

不老長寿の果物ともよばれるイチジクは、世界最古のフルーツではないかとも言われています。聖書の中でも、禁断の果実を口にしてしまったアダムとイブが、裸を隠すために使った葉っぱがイチジクです。このイチジクが妊活にとても効果があると言われている理由を詳しくみていきましょう。「妊活フルーツ」と呼ばれるいちじくの栄養素と効能イチジクに含まれる 妊活に効果的な栄養素とは?鉄分妊娠するためには正常に排卵されること...

高齢出産とは、初産で35歳以上の方や経産婦で40歳以上の方のこと言います。誰しも年齢を重ねるとで、妊娠しにくくなります。妊活をすると決めたら、妊娠しやす身体を作るために 食習慣について考える必要があります。理想の食習慣と今の食習慣との間に差があるのであれば、積極的に改善していきましょう。ここでは、えごま油に多く含まれるオメガ3脂肪酸のパワーについてみていきましょう。オメガ3脂肪酸とはオメガ3脂肪酸...

「妊娠ビタミン」と呼ばれるビタミンEは、トコフェロール(Tocopherols)という別名を持ち、ギリシャ語で「tokos」は誕生・出生、「pherein」は産む・授かる・もたらすという意味を持ちます。ビタミンEは強い抗酸化作用があるため、体の活性酸素を除去し、健康で若い細胞のサビない体作りに最適です。それは、卵子の老化予防にも効果的なのです。他にも、ビタミンEが妊活に良いとされる理由は、「ビタミ...

ルイボスとは南アフリカ原産のマメ科の植物です。このルイボスから抽出したお茶が「ルイボスティー」。ノンカフェインで、ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパー・オキシド・ジスムターゼ)」や「ケルセチン」という成分が、非常に強い抗酸化作用を持っています。この抗酸化作用=「活性酸素を除去するという働き」が、妊活には非常に有効です。なぜなら、活性酸素は卵子の老化に影響するからです。これが妊活にルイボスティ...

喫煙は「百害あって一利なし」という言葉があてはまる、健康障害を引き起こす習慣です。妊娠中や授乳中にタバコをやめる女性はいると思いますが、子供を授かる前から禁煙はすべきです。妊活中の喫煙は、妊娠率に影響します。不妊の原因を作ってしまう事もありますので、子供を望んでいる方はすぐにやめましょう。喫煙しながら妊活していて「なかなか上手くいかないなぁ。」と思っている方は、もしかしたらタバコが原因かもしれませ...

おりものの状態で排卵日が分かるのをご存知でしょうか?生理の時以外に分泌されるおりものは、生理周期によって色や量、ニオイが変化します。そんなおりものと排卵日の関係をご紹介します。生理周期<時期別>おりものの状態女性の生理周期は月経期・卵胞期・排卵期・黄体期に分けられます。それぞれの時期で女性ホルモンの量やバランスが違っていて、卵巣や子宮の状態が異なり、おりものの量や色も変化しています。月経期生理の期...

「保活は妊娠前からスタート」「早生まれだと保活負け組」そんな風に言われるのをご存知ですか?また「早生まれを避けて妊娠しよう!」と妊活する人もいます。そんな早生まれと保活の関係や、保活の進め方などについてまとめました。保活とは?まず、保活というのは「保育園に子供を預けるために準備すること」です。情報収集したり、保育園を見学したり、自治体の窓口に顔を出して担当者と話をするなど、保育園入園のための活動を...

「妊活のために毎週1〜2日休みます」こんなことを上司に言えますか?絶対ムリ!でも早く赤ちゃんが欲しい!でも、仕事も続けたい。妊活と仕事の狭間で悶々とする人も少なくないでしょう。妊活と仕事の両立、休職や退職について考えてみました。妊活で休職はあり?会社は許してくれるのか?「妊活のために休職します。」こう上司に言える人は、恵まれた職場に居ると思います。女性の社会進出が進んだと言っても、「妊活・妊娠・出...

妊活しているのになかなか授からない・・・。とお悩みのあたな。今日は体を妊娠しやすい状態に整える食事についてお伝えしていきます。「着床しやすい子宮にするため」「良い卵子を作るため」「妊娠を継続するため」には、どのような栄養素に注目すれば良いのか?まずは食生活を見直して、体を整えていきましょう。妊活中に積極的に摂取したい栄養素は下記の8つ+αです1.ダイズイソフラボン2.ビタミンD3.たんぱく質4.カ...

妊活というと、「女性が取り組むもの」というイメージがまだまだ強いですが、男性の妊活にももっと関心を持つべきだと思います。子供を授からない理由は女性だけにあるわけではありません。妊活はご夫婦で取り組むことが大切です。まずは食生活の改善から始めてはいかがですか?女性の卵子やホルモン、卵巣の状態に働きかける食習慣があるように、男性の妊活力アップに繋がる食習慣というのも当然あります。ここでは、男性の妊活に...

白砂糖は空っぽのカロリーとも呼ばれる、栄養素のないカロリーなのです。体を冷やす原因にもなるため妊活中には避けたい砂糖です。ホルモンバランスの乱れでイライラした時や、なかなか子供を授からないなどと落ち込む時に、甘いお菓子が気持ちを癒してくれることもあると思います。その時に、口にするものを少し気をつけてみてください。ここでは、白砂糖に注意する理由と、白砂糖の代わりになるものをご紹介します。白砂糖は体を...

赤ちゃんがほしいのになかなか授からず、悩んでいる方も少なくありません。不妊治療をするも上手くいかなかったり、夫が協力的でなかったりとすると、ストレスもだんだんと溜まっていきますよね。友達からの出産の報告や,義母から「そろそろ子どもはできないのか」などの無神経な連絡も重なれば、次第に心がくじけそうになるものです。思い悩まないためにも、効果的なストレス発散が欠かせません。そこで今回は、「くじけそうにな...

長期化する妊活に、顔を合わせるたびに夫婦喧嘩。気まずい雰囲気に離婚の危機を感じるなんて方も少なくありません。けれども、お互いに愛し合っているからこそ望む妊娠なのに、離婚へ発展するなんて本末転倒です。そうならないために、夫婦それぞれ手を打って対策を講じましょう。妊活から離婚へと発展する原因とはそもそも、なぜシリアスな喧嘩へと発展していくのでしょうか。原因は大きく5つに分けられます。妊活に伴う出費・時...

子供が欲しいと常々伝えているのに、残業や休日出勤を理由に忙しいと非協力的な旦那さん。次第に募る旦那さんへのイライラ。「どうしたらいいの?」とボヤきたくなる人も少なくないのではないでしょうか。でも・・・もしかしたら、その旦那さんの言動、何か理由があるのかもしれません。そこで、今回は「妊活に非協力的な旦那さんの理由」についてご紹介します。なぜ旦那さんが妊活に非協力的なのか?思わずイラっとする旦那さんの...

日増しに険しさが増す、妻の姿。顔を合わせるたびに、まだいない子供の話題で持ち切り状態。プレッシャーから、次第に家に帰るのが苦痛になる旦那さんも少なくありません。現状を打開するためにも、上手に気持ちを伝えていきたいところですね。そこで、今回はギスギスした関係にならない為に大切な、コミュニケーション方法をご紹介します。焦る奥さんの気持ちを理解する子作りに熱心になる奥さんの姿に、期待にこたえたいと思いつ...

妊活に一生懸命励んでいる中、親戚からの無神経な一言にイラッと感じることはありませんか。子どもを欲しいと心から願っているにもかかわらず、一向に授からない。それだけでもストレスは溜まっていくのに、親戚に会うたびに「子供はまだなの?」と聞かれては、堪えられませんよね。だからと言って、むきになって言い返すのも大人げないように感じ、我慢する方も多いのが現状です。「早く作らなくては」「期待にこたえなくては」と...








 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク