MENU







このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク

出産記事一覧

働くママにとって欠かせないのが、産休や育休。セットでとる人が多いですが、実は色々と違いがあるんです。必ず休まなければならない産休と、休まなくてもいい育休。ちなみに正式な呼び方は、産休が「産前産後休業」で育休が「育児休業」と呼ばれます。パパの育休を後押しする制度もありますので、事前に夫婦で話し合っておくと良いですね。産休と育休の制度について知ろう!産休と育休とは、どのような制度なのでしょうか?それぞ...

「牛乳びんが割れるほど、こぶしを握りしめる」お産の時の妊婦さんのいきむ様子を端的に表現した言葉です。これほど、出産にはエネルギーを費やし、また激しい痛みを覚えます。そんな話を聞けば、出産時の痛みを少なくする「無痛分娩」に興味を持つ妊婦さんも多いのではないでしょうか。ここでは、無痛分娩のメリットとデメリット、費用やリスクについて詳しく解説します。無痛分娩って何?出産時の陣痛は、避けては通れない道です...

お腹の中の我が子が双子だと分かり、喜びも2倍に。しかし、そう単純にはいきいませんよね。双子出産には、一児出産とは違うリスクがあり、その対策も求められます。そして、高齢出産になると、双子の確率は上がるともいわれ、35歳以上で出産を迎える方は特にそのことを念頭に置く必要があるでしょう。今回は、双子妊娠・出産について、ぜひとも知っておきたい情報をお届けしますので、ただいま妊活中の方もぜひお読みください。...

お産は自然分娩で迎えるのが理想ですが、やむを得ず帝王切開を選択するケースもあります。晩婚化による高齢出産の増加も、帝王切開が増えつつある要因の一つのようです。帝王切開と聞いて、ちょっと怖いイメージを持つママさんもいるかもしれませんが、近年では医療技術の進歩により安全性も高まっているそうです。落ち着いて出産の日を迎えられるよう、帝王切開について詳しく知りましょう。帝王切開とはお母さんが何らかの症状を...

出産は、どんな状況や場合でも大変なもの。決して楽な出産というものはありませんが、それでも痛みが少なく時間も短い方が良いですよね。そこでよく耳にする「難産」についてですが、難産の明確な定義はあるのでしょうか?安産との境界線は?今回は、そんな気になる難産について、その原因やリスク、予防策について詳しくご説明します。何処までが安産で何処からが難産?難産の定義と原因難産とは、正常な分娩ができない状態を言い...

子宮内の赤ちゃんが正常な胎位でない状態を逆子と言います。まずは逆子について詳しく知り、安全な分娩方法についての理解を深めましょう。妊活中の方も含め、ママになる予定の方はぜひご参考にして下さいね。逆子の種類通常の胎位は、「頭が下で、足が上」の状態であり、子宮内で胎児がこの状態をキープすることでスムーズな自然分娩が可能となります。しかし、足や頭の位置が正しい位置にない逆子では、出産時にさまざまなリスク...

みなさんは、どのような状況での出産を望まれますか?一人で分娩するか、それとも旦那さんに見守られながらの立ち会い出産か。ママさん一人で行うイメージの強かった出産ですが、最近は立ち会いを希望する旦那さんも増えています。立ち会い出産には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?立ち会い出産の流れや費用なども含め、詳しくご説明します。立ち会い出産の割合は?分娩室まで旦那さんが付き添い、頑張るママ...

「妻の出産に立ち会いたい」そんな願望をお持ちの旦那さんは増えています。しかし、生半可な気持ちで臨んでは、かえって奥さんの出産の邪魔になってしまうことも。そこで今回は、旦那さんが知っておきたい、立ち会い出産での「やるべき事・やってはいけない事」を分かりやすくご説明します。その後の夫婦生活を円満に送るためにも、立ち会い出産の基本的なルールを覚えておきましょう。立ち会い出産での旦那さんの役割とは?肝に銘...

赤ちゃんが生まれる瞬間は、とてもかけがえのない感動的なものですね。その光景を見ると、命の大切さを実感するという人が多くいます。出産は、命の大切さを学ぶ絶好の機会。そんな考えから、下の子の出産に、上の子を立ち会わせたいというママも最近増えてきました。しかし、出産の現場は想像以上に厳しいものです。上の子を立ち会せる前に、まずはそのメリット・デメリットについてしっかり把握することが大切です。ここでは、子...